1. 今や高血圧は高齢者だけの病気ではない
  2. 糖尿病の遺伝を防ぐ食生活について
  3. ズバリ!糖尿病は遺伝する?
閉じる

糖尿病の遺伝を防ぐ食生活について

糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンというホルモンが十分に働かず、血液中を流れるブドウ糖が増えてしまう病気です。
インスリンは血糖を一定の範囲に納める働きを担いますが、それが不十分となって血糖濃度が高いまま放置していると血管を傷つけてしまいます。

糖尿病は遺伝するといわれていますが、これは親や肉親などに糖尿病に罹った人がいる場合より家族にいない人のほうが糖尿病に罹る確率が低いとされています。
糖尿病そのものが遺伝するというよりも、この病気に成り易い体質を持っていると考えられるのです。
ですので食生活において食べ過ぎたり、運動不足や肥満・加齢・ストレスなどの様々な環境因子が加算されることで糖尿病を発症するわけです。

糖尿病を発症しやすい遺伝的体質のことを遺伝的素因と呼びます。
遺伝的な異常は何種類か発見されていますが、異常をはっきりと特定できることは稀です。
ほとんどは軽い異常が多く見つかることが重なっていき、その糖尿病になりやすい体質を形成します。
この遺伝を複合遺伝といい、遺伝的素因はとても複雑で発症しやすい体質にも強弱があるとされます。

日本人は欧米の白人と比べて、肥満が軽度であるにも関わらず糖尿病になる例が多くみられます。
食生活の上で注意することとしては、甘いものを控えることは常識とされてもしょっぱいものならば大丈夫と考えられるのではないでしょうか。
実は甘いものだけでなくしょっぱいものでも、食べ過ぎていれば発症要因となってしまいます。

日本人はインスリンの分泌が少ないので、欧米人のような食生活をしていては糖尿病を発症してしまう危険を高めてしまいます。
日本人は少なからず遺伝的素因を持ち合わせていると考えるべきです。普段から食生活など生活習慣に注意することが重要となります。
決められたカロリーの範囲で、タンパク質や脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂ることを心がけてください。
甘いものやしょっぱいものなど、間食はごくごく控えましょう。

糖尿病の遺伝子検査はなにをする?価格は?

家族に糖尿病を発症した人がいる場合、自分も遺伝しているかどうか知っておきたいと考えるかもしれません。
この時に有効となるのが遺伝子検査です。
遺伝子検査はヒトのゲノムであるDNAの約30億個の塩基の並びが個人個人によって違い、標準的塩基配列を比べると1部分だけ異なります。
この部分が個人の体質に影響を及ぼしていると考えられ、検査は血液で採取される血液細胞などで行われます。

採取された細胞を用いて目的とする遺伝子情報を特定し、その本体であるDNAの塩基配列を検査します。
この遺伝子検査で判明するのは糖尿病に罹り易さで遺伝する部分があるか、自分がどんな体質で将来にどんな病気を発症しやすいかについての差が分かります。

日本人は病気になってから病院へいくことがほとんどですが、重大な病気では早くに治療を始めることが大切になってきます。
場合によっては手遅れとなることもあり、さらに知らずに放置することで発症リスクも高くなってしまいます。
遺伝子検査で体質を知っておくことで第1に早期治療や予防、または未病の状態から対策を練ることが可能となります。

遺伝子検査に掛かる値段は目的によって変わってきます。
検査の値段は2万円から3万円と廉価な場合から、10万円以上掛かることもあります。
基本的に健康保険は適用されないので、自費での検査となります。
検査は血液を採取し、解析期間は検査の種類によって2週間から2ヶ月くらい掛かります。

糖尿病は生活習慣病といわれるように、その発症には体質が深く関わっています。
体質リスクによって取るべき対策が違ってきますので、遺伝子検査で体質リスクを知る事は、一人ひとりに合わせた予防アクションを検討する上で非常に重要となっています。

おすすめ記事

  1. 今や高血圧は高齢者だけの病気ではない
  2. 糖尿病の遺伝を防ぐ食生活について
  3. ズバリ!糖尿病は遺伝する?
おすすめ記事
  1. ひどくなる前に痛風の初期症状に気付こう
  2. 関節リウマチと生活習慣の関係とは
  3. その頻尿、原因は塩分過多かも?
ページ上部へ戻る