1. 糖尿病の遺伝を防ぐ食生活について
  2. 今や高血圧は高齢者だけの病気ではない
  3. ズバリ!糖尿病は遺伝する?
閉じる

糖質制限ダイエットをすると糖尿病になる!?

世の中には様々なダイエット方法があふれていますが、近年注目されているダイエット方法に糖質制限ダイエットというものがあります。
これは食事法によって糖質制限、つまり糖分を摂取する量を少なくすることによってダイエットの効果を得ようという方法です。
糖質制限ダイエットは本来のダイエットの方法とは別の側面でも注目されています。
それは糖尿病の予防または改善といった側面です。

多くの人が知っている通り糖尿病は血液中に消化しきれない糖が残存していることによって血糖値が高まる病気です。
糖尿病は一度発症すると現代の医学では治せないですし、そのまま進行すれば様々な恐ろしい合併症を引き起こします。

糖尿病の治療の一環として食事制限があります。
糖尿病の原因が過剰な糖分の摂取であるため、糖分の摂取を食事制限によってセーブするのが狙いです。
食事制限によって糖分をセーブするというのは糖質制限ダイエットと共通しています。
ところが実際には理論上あり得ないデーターが出ています。
糖質制限ダイエットや糖分摂取を抑制することが普及していることによって日本人の糖分摂取量は年々減少しているのにも関わらず、糖尿病の患者は逆に増加しています。

糖分は過剰に摂取しすぎるのは良くありませんが、脳を活動させるためには糖分が必要不可欠です。
過剰な糖質制限によって体内の糖分が一定以下になると私たちの体は危険な状態であると判断し、筋肉を分解して糖を生み出すようになります。

糖尿病は比較的高齢者に発症しやすい病気ですが、高齢者が過度の糖質制限をおこなうのはとても危険です。
年齢とともに筋肉はだんだんと衰えていきますし、糖質制限によって糖分が激減することで筋肉を糖分に変換するとますます筋肉は減少します。
筋肉が衰えると糖分を分解する働きをするインスリンの分泌量が減って糖分を分解する力がどんどん弱くなっていきます。
その結果糖尿病を発症するというわけです。

安全に行う正しい糖質制限ダイエットとは

このように危険性も伴う糖質制限ダイエットを安全におこなうには正しいやり方を知っておく必要があります。
安全な糖質制限ダイエットのやりかたに関してまず真っ先に理解しておいてほしいことは、完全に糖分を絶ってはいけないという事です。
前述した通り、糖分というのは脳が活動するために必要な栄養素です。
そのため完全に絶つと脳の働きがおかしくなって体調を崩すことになります。とはいえ、通常と同じような糖分を摂取しては意味がありません。
正しい糖質制限ダイエットのやり方の基本は急激に糖分を減らさないことです。

具体的にはご飯やパンなどの主食に関しては普段の量の半分を心がけましょう。
糖質制限ダイエットは短期間での効果を期待してはいけません。長期的な視点で継続することが安全におこなうためには重要です。
そして、糖質制限をおこなう人は効果を高めようとたんぱく質や脂質も同時に減らしがちです。

しかし日本人のカロリー摂取は大部分がご飯やパンなどの糖質の多い炭水化物です。
炭水化物を半減してただでさえ摂取カロリーが少なくなっているところにたんぱく質や脂質も減らせば全体的なカロリー不足に陥ります。
炭水化物を半減すればカロリーを気にすることはありません。むしろたんぱく質や脂質は積極的に摂取するようにしてください。
たんぱく質を主に摂取するのはお肉ですが、お肉は牛、豚、鳥、魚と全てをバランスよく食べるようにしましょう。

健康には腹八分目というのが常識ですが、タンパク質や脂質に関しては満腹になるまで食べても大丈夫だとする研究者も居ます。
また、一食だけ極端に糖質を減らすというのも体内の血糖値の上昇が安定しないので良くありません。
糖質は三食バランスよく減らすようにしましょう。

おすすめ記事

  1. 今や高血圧は高齢者だけの病気ではない
  2. 糖尿病の遺伝を防ぐ食生活について
  3. ズバリ!糖尿病は遺伝する?
おすすめ記事
  1. ひどくなる前に痛風の初期症状に気付こう
  2. 関節リウマチと生活習慣の関係とは
  3. その頻尿、原因は塩分過多かも?
ページ上部へ戻る